66年の歳月を貫いた夫、31.Aug.2018

66年の歳月を貫いた夫、

その天命を胸に、

共にこらからも歩むべく新たなカタチを表現した妻。

彼女の選んだ表現とは、、、

彼の命の鼓動を支えたカタチ。

荼毘に付された遺灰の中にあった器具の一部。

遺骨、遺髪でもない、、、命を支え、共にあった体の一部

2010年

Husband who passed through 66 years,

Its destiny in the chest, his wife expressed a new shape to walk from Hey together.

The expression she chose is :,,

The shape that supported the heartbeat of his life.

Part of a body in the ashes that were cremated.

It is not the remains or the hair of the remains …., supporting a life, part of the body that was in common

2010年

 

コメントは受け付けていません。